ワクワクヲモット

現在1,8,10歳3人の育児をしながらフリーでゆるく働いています。 在宅での働き方をもっと開拓しつつ、今しかできない子育てを楽しんでいきたいと思っています。 子育て世代の皆様と交流しながら、このブログが何かお役に立てれば幸いです。

裁縫苦手だからこそ合皮。

11年前に買ったダイニングテーブルの椅子。

 

小さい子どもがいると洗っても洗っても座面カバーの汚れは取れず、4年ぐらい前にホワイトの合皮でカバーを作ってみましたが、それも汚れが目立ってきました。

 

きっとまた3~4年で汚くなるだろうけど、今回は少しでも汚れが目立たないようダークブラウンで作ってみました。

 

f:id:omoteura1203:20190921100016j:plain

 

といっても、裁縫は苦手…。

毎回適当に作って、テキトーな感じのものが出来上がります…。

 

でも合皮を使ったら意外と簡単!

 

合皮って素人が手を出しではいけないイメージがあったんですが、生地が扱いやすく、不器用な人こそ向いているんじゃないかと思うようになりました

  

生地も切りやすいし、縫いやすいし、切りっぱなしでOKなのが嬉しい!

 

元のカバーを使って適当に型を取り、切って一部だけ縫って、あとはダイソーのタッカーで後ろからガチャンガチャンで

 

f:id:omoteura1203:20190921100126j:plain

 

はい、おしまい 

 

今回生地代は、椅子4脚で3,000円程度買いましたがまあまあな仕上がりで満足しています。

 

次は本当はソファのカバーも同じ合皮で作り直したいんですが、こっちの方が技術を要するのでずっと先送りしています…

 

以前メーカーに問い合わせしたら、中身そのままでカバー作り変えるだけで6万ぐらいれ断念。子どもがいれば汚れるのは必至だし、ちょっと6万は予算オーバー。

 

結局自分で合皮を使って作り直してみたのですが、出来はイマイチなものの、数千円で作り直せたので満足しています

 

何でも自分で直せる技術があるとカスタマイズできるし、お安くできるしいいですよね。もっと技術を磨きたいです(;´∀`)

 

 

▼余った合皮で作った娘のヘアゴムです 

f:id:omoteura1203:20190921100507j:plain

これも簡単。四方を縫って真ん中は接着剤で止めたので、耐久性がやや心配だけど、娘は喜んでくれたのでよしとします(^^;