ワクワクヲモット

現在1,8,10歳3人の育児をしながらフリーでゆるく働いています。 在宅での働き方をもっと開拓しつつ、今しかできない子育てを楽しんでいきたいと思っています。 子育て世代の皆様と交流しながら、このブログが何かお役に立てれば幸いです。

とある晩の戦い。真の勝者は誰なのか。

寝苦しい夏の夜。

 

子ども達も涼を求めて布団から転がり落ちて床の上。


右から左から子どもたちの手足が飛んでくる。

 


そんな中究極に嫌なアイツが部屋にいるとわかった時のあの絶望感。


戦いのゴングが静かに鳴る…。

 

 

 

じっと止まるのを待つ。不快なあの音を聞きながら。

f:id:omoteura1203:20190726084341p:plain

 

 

 

 

止まった!

 

f:id:omoteura1203:20190726084354p:plain

 

 

 

 

チャンス!今だ!!

f:id:omoteura1203:20190726084407p:plain

 

 

 

 

(耳元に飛んでくるなんてバカだなぁ…)

f:id:omoteura1203:20190726085038p:plain

 

 

これで安心して寝られる。

 

 

そう思ったのに

 

f:id:omoteura1203:20190726084429p:plain

 

 

クソッ!

  まだ生きていたのか!

 

 

 

ここぞという時に狙いを定めて何度も自分の顔をビンタ。

 

f:id:omoteura1203:20190726085722p:plain

 

 

しかし…

自分の聴覚だけを頼りに攻撃するもいっこうに当たらない。

 

 

 

蚊ごときで自分の睡眠時間を削られるとは…

 

 

f:id:omoteura1203:20190726084438p:plain

 

 

 

半殺しにして蚊取り線香の火がいている部分においてやりたいくらいにっくき存在。

 

f:id:omoteura1203:20190726084455p:plain



そして長い戦いの末、やっと安眠につけたのに…。

 

 

 

 

翌朝。

 

一番刺してほしくない、爪周辺を刺されていたと知った時のやり場のない怒り。

 

f:id:omoteura1203:20190726090940p:plain



戦いを制したのに数日間味合わされる敗北感。

 

 

f:id:omoteura1203:20190726094334p:plain


次に戦う時には、間違いなく蚊取り線香火あぶりの刑。