ワクワクヲモット

現在1,8,10歳3人の育児をしながらフリーでゆるく働いています。 在宅での働き方をもっと開拓しつつ、今しかできない子育てを楽しんでいきたいと思っています。 子育て世代の皆様と交流しながら、このブログが何かお役に立てれば幸いです。

1回完結講座の魅力~鶴が折れるなら絶対折れる、立体のバラ~

折り紙遊び。

お子さんがまだ小さい時、雨の日の室内遊びとしてやったというご家庭も多いと思いますが、お子さんの年齢が上がるにつれ、遠ざかってしまったという方も多いと思います。

  
我が家も娘がたまにYouTubeを見ながら折っている程度でしたが、今回ひょんなことから折り紙サークルに入会することになりました!
 
そこで体験したこと、感じたことを紹介します(^^)

平面から立体になった感動

小さい子が作る折り紙は、平面のものがほとんどです。
 
今回もフラッと立ち寄った折り紙サークルで、小2の娘を見た講師の方が
 
「あなた鶴折れるかしら?折ってく?」
  
と声をかけてくれたので、鶴を折る気満々で折りはじめたら途中この段階から、
 
 

f:id:omoteura1203:20190603172648j:plain

 
 こんな風に折っていくと 

f:id:omoteura1203:20190603172702j:plain

 このあと簡単にこのバラの花になったのです。
 f:id:omoteura1203:20190603172758j:plain
 
娘も私もまさかそんな展開になるとは思わず感激!
 
子ども向けだし「平面的な一番簡単なお花」 を教えてくれると思い込んでいましたが、一気に折り紙の魅力にこの引き込まれました。
最後に両手を使ってくるっと中心からひねる作業が一番難しいですが、できた時の喜びは大きいです!
 
ちょっとしたプレゼントに添えたり、女の子のお手紙交換の際に一緒に渡したら喜ばれそうですよね。
 

f:id:omoteura1203:20190603172828j:plain

 
今回と同じ折り方をしている動画はこちらからご覧ください。
注:こちらの動画は花びらがくるっとしていませんが、ピンセットを使ってくるっと花びらを外側に折ると、よりバラっぽくなりますよ。
  

オープンな場所で開催する意味

市が運営するカルチャーセンターのような場所を偶然娘と通りかかった時、ふとおばあちゃん達5名ぐらいが折り紙を折っているのが目に留まりました。
 
折っていたのは立体の花の折り紙だったので、娘が興味を持ち私もやりたいと言い出したのです。
 
個室だったら声をかけにくかったのですが、広いスペースにいくつもの椅子と机が置いてあり、市民が自由に使っていいオープンスペースだったので、見学させてほしいと声をかけることができました。
 
 
楽器や大きな道具が必要なサークルには不向きですが、色んな世代をターゲットにしたいならこういうオープンスペースは、参加者としては声をかけやすく、また、体験後に「自分にはちょっと向かないな」と思った時も立ち去りやすさがあるなと感じました。
  

登録は一切なしという手軽さ

「習い事」というと、個人情報の登録から銀行口座の登録と色々手間ですが、こういうサークルはそういう面倒なことがなく、今回も材料費の300円を支払って終了しました。
 
毎回1回完結の講座だからこそできることですが、ふらっと習いに行って、居合わせた参加者の方とちょっと話す気軽さがとても魅力でした。
 
また、子連れだと天候や本人の体調によっては参加するのが難しかったり、また、振り替えを申し込む手間などもありますが、1回完結の講座は「毎週行かなきゃ」という縛りがないのも助かります。 
 

手作業しているからこそ弾む会話

何かをしながらだと、初対面同士でも話しやすくなりますよね。
 
しかも折り紙のようにそこまで難しくなくて超集中しなくてもできる作業、こういうのをやりながらだと会話が途切れて気まずくなった時にも適当に手を動かしていればOKです。
 
今回の参加者は、大半がおばあちゃんで一人現役保育士の方もいらっしゃいました。講師の方は、元小学校の教諭で、折り紙をしながら色々子育ての話もしたいなと思っています(^^) 
 

こういう場所にもっと参加したい

こういう形で子どもに何か習い事(?)をさせるのは初めてです。
 
子どもの習い事だけでなく、親向けに開催されているセミナーや講習も参加してみたいものはありますが、託児がなかったり、託児があっても1歳以上が条件なので申し込めなかったり。(そもそも、託児OKだったとしても、私が受講している間ずっと泣いていることを想像すると渋ってしまうことがほとんどなのですが…)
 
でも、こういうオープンスペースだと多少末っ子の0歳児が泣き出してもその場を離れることも簡単にできるし、一応1レッスン2時間ですが、状況によってはちょっと早めに帰宅したりもOKなので、下の子を連れている親としてはとにかく助かります。
 
赤ちゃんが調子よければ私も他の参加者とお話しできるのもひそかに楽しみにしています。長男長女が幼稚園に通っていた頃は、適当にママ友と話す機会がありましたが、幼稚園卒園すると大人と話す機会もぐっと減ってしまいますからね(^^;
 
 
こういう気軽な会がもっとあると、単調になりがちな主婦の生活もちょっと楽しくなるかも。