ワクワクヲモット

現在0,8,10歳3人の育児をしながらフリーでゆるく働いています。 在宅での働き方をもっと開拓しつつ、今しかできない子育てを楽しんでいきたいと思っています。 子育て世代の皆様と交流しながら、このブログが何かお役に立てれば幸いです(*'ω'*)

ダニが大繁殖するこの時期に!布団乾燥機で撃退

ちょっとじめじめした日が続いていますが、先日朝起きたら娘の腕に8箇所の虫刺され。もしかしたら早くもダニの被害!?

  

定期的に布団を干して湿気対策していたつもりでしたが、我が家は東向きなので、午前中の限られた時間しかベランダに布団が干せず、不十分だったのかもしれません。

 

しかもここにきて、15年以上使ってきた布団乾燥機が故障(;´Д`)

 

今回電気屋さんで買い換えた際に色々聞いてみたのでご紹介します!

 

f:id:omoteura1203:20190603122926p:plain

 

 

乾燥マットありタイプ

 

布団乾燥機は、乾燥マットありのタイプとなしの2タイプ。

乾燥マットとは、乾燥機本体につけて、温風で膨らませて布団を乾燥させる袋のことです。

 従来は、このマットありのタイプが主流で、最大のメリットは、温風がシートの隅々まで届くので、布団を均一に乾燥させることができること。

  

つまり、布団の隅々までダニ対策ができます。

 

しかも値段は、マットなしタイプより安く平均7,000円程度です。

 

ちゃんとダニ対策ができて、しかも価格が安めといいとこどりですが、敢えてデメリットを挙げるなら、毎回マットの出し入れをしなければならない手間があるということぐらいです。

 

三菱電機 ふとん乾燥機 ホワイト AD-X50-W

三菱電機 ふとん乾燥機 ホワイト AD-X50-W

 

  

乾燥マットなしタイプ

今の主流はこのマットなしのタイプで、店頭の布団乾燥機の8割はこのタイプでした。

 

最大のメリットは、やはり手軽さ。布団の枚数が多ければ多いほど「マットをセットする手間がない」というのは魅力的です。

また、マットがないタイプは、温風が出てくるホースが二股に別れているので、布団を効率よく温めることができる設計になっています。

 

 

しかしマットを出し入れする手間がない分、最大のデメリットは、均一に布団を温めるのが難しいということであり、ダニ対策に関してはマットありタイプには劣るという点。しかも値段は10,000円を超えるものが多くちょっと高めです。

 

 ダニ対策に効果的な使用頻度

こんな記事を発見してちょっと驚きでした。 

週に一度、1時間程度の使用では期待薄。週に1回で月4回よりも、4日連続月1回のほうが効果的です。

 

引用元:ダニ・カビの対策方法

 

やるなら徹底的に、集中攻撃ということですね。

 

ちなみに天日干しだと布団を乾燥させる意味では効果はありますが、結局ダニが布団の裏側に逃げるだけで死滅させるには効果はそこまで期待できないそうです。

 

布団乾燥機と掃除機はセット。やらないとアレルギーに

布団乾燥機でダニを死滅させたら、今度は掃除機をかけないと、ダニの糞や死骸がアレルゲンとなって体内にたくさん入ってしまいます。

 

天日干しした後にも布団をはたくとダニの死骸が粉々になってより体内に入りやすい状態になってしまうので厳禁だそうです。

 

乾燥機と掃除機。家族全員分となるとかなり面倒ですが、死骸や糞と一緒に寝ることを想像すれば面倒くさがりの私も頑張ります…

 

f:id:omoteura1203:20190603110810j:plain

 

 ハウスダストのアレルギーも増えてますよね。うちの息子も軽度ですがハウスダストのアレルギーがあります。原因は、気密性の高いマンションが増えたことだそうです↓

 

サッシ窓の普及によって室内の気密性が高まったことにより、室内で発生した水蒸気が屋外に排気されにくくりました。 このことにより畳や   カーペットの裏で結露が生じたり、押入れに収納している寝具が湿気を吸うことでダニの棲息に有利となり、アレルゲン(アレルギーの原因物質)   のハウスダスト(ダニの糞や死骸)が増えました。 

引用元:アレルギーについて(含む花粉情報)|品川区

 

 

気密性の高いマンションにお住まいの方は、特に対策をしっかりとる必要がありますね。

 布団乾燥機のもう一つの使い道 

もう一つの布団乾燥機の使い道として、子連れに嬉しいのが、靴乾燥機の機能です。

梅雨の時期、靴がなかなか乾かない時も、直接乾燥機のホースを靴にさして靴の内部を乾燥させることができます。もちろん長靴もできますよ!

 

f:id:omoteura1203:20190603102239j:plain

まとめ

我が家は、性能重視でマットありのタイプを購入しました。

今までのよりも軽いし、音も静かです。そりゃ15年以上経過すれば、だいぶ進歩してますよね(^^;  

 

しかも今までのは、ホースと本体がよく外れましたが、今回のはホースと本体はがっちりつながっているので、子どもがちょっと足で蹴飛ばしてしまっても外れる心配なしという点も気に入っています。こういう小さなストレスがないのは結構大事。

  

新しく購入した乾燥機の機種によって異なるそうですが、古い乾燥機を無料で引き取ってくれる機種もあるようなので、電気屋さんで購入する際は一言聞いてみてください。

ちなみに市の粗大ごみで出すと、私の市では500円でした。

  

 今日もじめじめっとしていますがダニよけスプレーも布団に噴射してダニの被害をがっつり予防します! 

 

普段のダニ対策は、こちらのページが参考になったのでご興味ある方は合わせて読んでみてください(^^)

kaimin-times.com

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村