ワクワクヲモット

現在0,8,10歳3人の育児をしながらフリーでゆるく働いています。 在宅での働き方をもっと開拓しつつ、今しかできない子育てを楽しんでいきたいと思っています。 子育て世代の皆様と交流しながら、このブログが何かお役に立てれば幸いです(*'ω'*)

『未来のだるまちゃんへ』かこさとしさんのメッセージ

私の大好きな絵本作家のかこさとしさん。

 

 

たくさんの絵本を描かれていますが、

 

私はだるまちゃんのシリーズが大好きです。

 

 

 

そのだるまちゃんが表紙になっている

 

『未来のだるまちゃんへ』

 

という文庫本。

 

 

 

 

私のお気に入りです。

 

かこさとしさんの生い立ちなどが紹介され、

 

かこさんが絵本作家になるまでの

 

経緯などが書かれています。

 

f:id:omoteura1203:20190224183153j:plain

 

 

読み進めていくと、

 

かこさんがどんな風に

 

子どもを見ているのかがわかり、

 

親として参考になる点も

 

たくさんあります。

 

 

子どもというのはワーワー、キャーキャー騒ぐ生き物で、それが商売だと言ってもいいくらいです。卑猥なこともしゃべるし、悪態だってつく。でもそうやって子どもは成長するんですね。

 

 

 

子どもは生きるエネルギーを日々、空費したり、乱費したり、浪費したりしながら、成長していく。

 

 

その野放図で、自由で、とりとめがないことこそが実は肝心で、自分で間違えたり、失敗したりして、行きつ戻りつしながら、ぐんぐん伸びていく時にしかわからないことがある。

 

 

それを大人が頭ごなしに抑えつけてしまったら、子どもは息苦しくて、伸びるべき時に十分に伸びることが、できなくなってしまうでしょう。

(30~31ページ)

 

 

 ***

 

 

 

子育てに効率を求めると、

 

結果的に子どもの本来の力を引き出してあげられません。

 

 

毎日が時間との勝負の大人にとって、

 

ゆっくり子どもを見守ることが難しいこともあり、

 

私は育児をしながら反省することも多々あります。

 

 

でも親である自分も、まだまだ発展途上。

 

 

人間は間違えるものだし、僕も間違えた。それをどう乗り越え、克服したかが問題なのでそこが生物としての人間のよいところなのではないでしょうか。

 

(199ページ)

 

 

かこさんのこんな言葉にも励まされながら、日々育児と向き合っています。

 

 

未来のだるまちゃんへ (文春文庫)

未来のだるまちゃんへ (文春文庫)