ワクワクヲモット

Upworkを通して在宅でゆるく働きながら0歳、7歳、10歳を育てています。子育てのヒントを中心に情報発信します。

照れるけどずっと言える関係でいたい

三人目を産んでから、赤ちゃんの言葉を私が代弁するかのように話すことが増えました。

 

 

私が家事をしている間にお姉ちゃんが遊んでくれたら

 

 

「お姉ちゃん、遊んでくれてありがとー。お姉ちゃんがいたから、寂しくなかったよ」

 

 

 

勉強頑張ってたら

 

「ぼくには、ちんぷんかんぷんの問題を解けてすごいなー」

 

と言ってみたり、

 

単純に

 

「お兄ちゃん、だいちゅき」

 

といわせてみたり。

 

f:id:omoteura1203:20190219113144j:plain

 

 

 

ありがとう

 

頑張ったね

 

大丈夫だよ

 

~のおかげだよ

 

助かったよ

 

という言葉を母として言うより、赤ちゃんが言ってるかのように言うと、私も照れくさくないから言いやすいし、子どもにも伝わりやすいような気がします。

 

 

本格的に赤ちゃんが喋りだすまでは、どんどんこの手を使って

照れくさくて言えない言葉を積極的に伝えていこうと思います。

 

f:id:omoteura1203:20190219113531j:plain

 

何歳になっても、こういう相手を思いやる言葉や感謝の言葉は

さらっと言える関係でいたい。

 

 

「言わなくてもわかる」時もあるけど

やっぱり言われるとちゃんと伝わるし、何より嬉しい。

 

 

***

 

 

昨日の夜、いつも赤ちゃんの面倒を積極的に見てくれるお姉ちゃんは

眠くて8差時半就寝。

 

 

お兄ちゃんが手が空いていたので、洗濯物を干す5分だけ、赤ちゃんのお世話をお願いしました。

 

 

 

でも赤ちゃんを一対一であやすのは、お兄ちゃんにはあまりない経験。

 

基本的にはいつも妹に任せ、自分は横からちょっかい出す感じ。

 

だから、遊び方というか、あやし方がわからないらしく、

 

「ほら、車」

 

「ほら、お人形だよ」

 

とひたすら物の名前を言いながら

おもちゃを手あたり次第渡す小4の息子。

 

 

しかし、赤ちゃんも就寝前でちょっとご機嫌ななめだから、

渡されたものはポイポイ放る始末で

お兄ちゃんは、とにかく泣かせまいと必死w

 

f:id:omoteura1203:20190219113226j:plain

 

 

 

「やっぱり女子の方があやすのはうまいのかな(^^;」

 

と思いながら

 

「お兄ちゃん、遊んでくれてありがとでちゅ。」

 

と赤ちゃんの代弁をし、お布団にいきました。

 

f:id:omoteura1203:20190219113247j:plain

お兄ちゃん、ありがとう(*^-^*)

スポンサーリンク