ワクワクヲモット

現在1,8,10歳3人の育児をしながらフリーでゆるく働いています。 在宅での働き方をもっと開拓しつつ、今しかできない子育てを楽しんでいきたいと思っています。 子育て世代の皆様と交流しながら、このブログが何かお役に立てれば幸いです。

「子育て」と「孫育て」

私は実家が徒歩圏内にありますが、年に数回、いとこが集まる時にしか行きません。 

 

たまに我が子と私の母とのやりとりを見ていて、 

基本的に子育てと孫育てに対するスタンス・やり方は、変わらない 

と思います。

 

※我が家に限った話でもあると思うので、一個人の意見としてお読みください。

 

実家は、とにかく世間体とか体裁を気にします。

「ぐちゃぐちゃ文句を言わずに、親の言うことは聞け」

という感じで育てられました。

 

特に母は、「子どもの言うことだから」とまともに意見を聞かないこともよくありました。機嫌や体調が悪いと、無理に言うことを聞かせることもあり、子どもながら理不尽さを感じていました。

 

 

 

一方、義母は真逆で、世間体とかは気にしないタイプ。

相手を見た目などで判断せず、どんなくだらない内容でも子どもの言うことに耳を傾け、きちんと応対する。義母は、体調があまりよくないのですが、機嫌や体調で対応が変わることはなく、いつも穏やかなおばあちゃんでいてくれるので、私も子ども達も義母が大好きです。

 

義母に出会えてよかったと思えるくらい、尊敬できる方です。

 

f:id:omoteura1203:20190213152501p:plain

 

 

しかし、私の実家がそんなんだから、家が近いとはいえ、子ども二人を預けることはほとんどありませんでした。

距離を置いて付き合う分にはいいのですが、預けると子ども達も理不尽さ感じることが多いだろうと思い、私から敢えて積極的に近づこうとは思っていません。

 

やむをえず預けた結果

 

しかし、私が第三子を出産する時、子ども二人を私の実家に五日間に預けることにしました。旦那さんも仕事を休めず、仕方なく…

 

 

真夏で連日猛暑とニュースで話題になる中、孫二人との生活に母も大変だった思うのですが、母のストレスがたまり、三日目の夜に悲しい出来事がありました。

 

 

うちは、いつも9時くらいに就寝させていますが、実家では夏休みモードで10時くらいに布団にいかせたようでした。

 

しかし、孫がいて十分にテレビを見れなかった母は、襖の向こうでやや大きい音でテレビを見続けていたようです。

 

娘が

 

「おばあちゃん、うるさくて寝れないから、テレビ消して」

 

とお願いしたら、

 

「うるさくても寝れるでしょ」

 

とまともに取り合わない母。

しばらくしてもやはり寝れない娘と息子。

 

時間はすでに12時。

 

眠いのに寝れので、とうとう娘が泣き出すと、うるさいと一喝。

挙げ句の果て、

「あんまり泣くとぶつよ」

と言われ、泣き止まない娘の頭を叩いたそうです。(軽く…)

「そんなにうるさくて寝れないならトイレで寝ろ」

とまで言われたと。

 

 

その話を、産後3日目、私の病室で旦那と遊びに来た娘から聞き、とてもとても苦しかったです。

「もうおばあちゃんと寝たくない」

と病室で泣く娘。

 

私は、

 

「あと1日だけ、今日の夜だけ我慢して」

 

と泣く娘にお願いし、病室でとても不安な夜を過ごしました。

翌日、退院を1日短くし、とにかく急いで母から子ども達を離しました。

(その日は、普通に早く寝かせてくれたそうです)

 

 

 

孫との生活でストレスがたまっていたこともわかりますが、何もそこまで…

 

母は、何事もなかったようにけろっとしていますが、私はもう二度と実家には預けないと誓いました。

 

 

根本的には変わらない

 

こんなことがあって、子どもの頃母に感じていた理不尽さを思い出しましたが、自分で子育てしてみて親になる大変さがわかり、

 

「母もゆとりがなかったから、仕方なかったなと」

 

母を許せる面もありました。

 

でも今回の一件で、

 

「子育ても、孫育ても、根本的なやり方は変わらないんだな」

 

と感じました。

 

こういうことは、以前にもあり、姉が子ども二人を預けた時も、母が出した朝食をさっと食べず、ちょっとぐずぐずしていたのを見て腹が立ったようで、頭つかんで無理に食べさせようとしていました。

見るに耐えられず、私はその子を抱きしめ母から離しました。

 

決して普段虐待をするような人ではありません。

ただ、過度にストレスがかかると、こうなることがありました。

 

母ともめると面倒なので、もう今回のことは忘れることにしますが、ちょっと残念でした。

 

孫育て10か条

 

ネットで検索してみたら、祖父母に預けてトラブルになった例いくつかありました。

 

brava-mama.jp

 

祖父母世代からすると、

面倒を見てもらって当たり前という感覚がありえない」

「自分たちが子育てしていたときと比較すると体力の衰えが激しいので、預かるのに不安がある

といった声があるようです。

 

 

 

ネットで見つけた下記の孫育て10か条、とても良いと思います。 

 

f:id:omoteura1203:20190213151320p:plain

引用元:孫育て10カ条 - NPO法人 孫育て・ニッポン

 

 

預ける側も、預けられる側も気持ちよく過ごすために、祖父母世代にこの10か条を意識してほしいと同時に、やはり感謝の気持ちを伝えることと、祖父母の体力をしっかり考慮して預ける時間などを考える必要がありますね。