ワクワクヲモット

Upworkを通して在宅でゆるく働きながら0歳、7歳、10歳を育てています。子育てのヒントを中心に情報発信します。

非科学的なものを信じない夫に影響された私。

お正月。

 

小さかった頃の一つの楽しみとして、神社のおみくじがあった。

 

おみくじが入った箱の中から一つ取るタイプのもので、

 

「神社のおみくじだからきっと何かありがたいことが書いてある」

 

と思っていた。

 

でも私の場合、おみくじはその場だけの楽しみであり、別にそれに従って一年過ごすわけでもない。


財布に入れて、一年持ち歩き、たまーに見返したりもしたけど、何か決断を迫られるときにおみくじに頼るようなことはしなかった。

 

f:id:omoteura1203:20181231190712j:plain

 


一方旦那さんは、こういうおみくじとか、占いは全く興味がない。一般的にこういうのが好きなのは、女性の方が多いと思うが、科学的根拠のない話は一切信用しない。

 

旦那さんと付き合って間もない頃、血液型の話をしていたら、

「大体世の中の人間をたった4タイプで分けられると思う?」

f:id:omoteura1203:20181231190355j:plain

 

 

と言われて妙に納得してしまい、それ以来私も星座占い、血液型占い、おみくじの類いはほぼ興味がなくなってしまった。

旦那さんは幽霊関係も信じないし、あの世とかこの世の話、輪廻転生系も興味なし。

死んだら終わり。

この一点張り。

 

f:id:omoteura1203:20181231190632j:plain


私の実家は、輪廻転生とか信じていた。おばあちゃんも信仰深く、神宮館運勢暦とか毎年買ってそれをよく見ていたタイプ。だから、私も何の疑いもなくそういうのを信じていたのだか、旦那さんと出会ってから、盲目的にこういうのを信じていた自分が少し不思議に思えてきた。

 

 

占い関係は、全否定はしない。ちょっと落ち込んだ時とかは、占いにいいこと書いてあったりすると元気をもらえたりする時もあるし、「今日のラッキーカラー」で普段選ばない色をチョイスしてみて、いつもと違う自分を楽しんでみたりと、いい変化をもたらしてくれることもあるから。

 

だから、今はいいことが書いてあった時は前向きに受け止めて、あまりよくないことが書いてあったら見なかったことにするという、いいとこどり。

 

 


色々自分の価値観に変化を与えてくれる旦那さんに感謝。(*‘∀‘)

科学的データを用いて色々説明しているような宣伝も、ちょっとデータの見せ方がおかしいんじゃないかと疑ってみれるようにもなれた気がする。



 

 

☆どうぞ皆様、よいお年をお迎えください☆

 

スポンサーリンク